POEM「春夏秋冬 思いのままに」
POEM「春夏秋冬 思いのままに」
成人向
発行者:たけぼんだぬき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:詩
シリーズ:短詩系冊子です。

公開開始日:2012/05/04
最終更新日:2014/12/30 14:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
POEM「春夏秋冬 思いのままに」 第7章 第7章 生き様 四季総合編
[今日の終わりに]


もっと ゆっくり

時が過ぎていれば

また 違った人生も

あったのかも知れない


だからと言って

悔いが 残る事はない

その刻 その瞬間

自分なりの 生き方で

過ごしてきた


それだけは きっぱりと

言い切れる



夕暮れ時 真っ赤に燃える

陽が沈む

我が家へ 向かう路に

季節外れの 蝶が

舞いながら 先へ さきへ

戯れながら 進んでゆく


誰も 歩まぬ 路

静寂の 空気

この場所にいるのは

私と 一頭の蝶だけ


背中に 日差しを

受けながら

時を 刻むように

自分の足音だけが

聞こえている


夏には あれほど

うるさかった セミ達

秋には 草むらになく

虫たち


今の時期は それすら

聞こえない


切なくなるほど

静かなのだ


人生の 終末

こんな感じなんだろうか


そんな路の 果てに

三両 つないだ

普通列車が 見えてくる


ここまで 音は届かない

真っ青な空に 雲が流れる


彼も 家路を 急いでいる

それほどに 早い動きで

大空を 進んでゆく


秋に 枯れ葉を 鳴らしていた

木々も 葉一枚 残っていない

冷たくなった 空気に

裸のままで その身を

晒している


夕陽の 赤さが

周りを 取り囲み

空気まで 赤く

染まっている


道半ばまで 来たところで

古里の 山から

鐘の音が 聞こえてきた


渇いた 空気を

震わせながら

耳元に ささやく


あなたは 誰?

何処へゆくの?

寒くない?


そう 私に問いかけて

消えてゆく

切り株だけ残った 田に

静かに 真っ白な旅途中の

渡り鳥が 降りる
31
最初 前へ 26272829303132 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ