POEM「春夏秋冬 思いのままに」
POEM「春夏秋冬 思いのままに」
成人向
発行者:たけぼんだぬき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:詩
シリーズ:短詩系冊子です。

公開開始日:2012/05/04
最終更新日:2014/12/30 14:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
POEM「春夏秋冬 思いのままに」 第1章 生き様 春編
春の夜の夢


あなたに 会えた夢を見た

あなたはとっても素敵な

ピンクのドレスを身にまとい

華麗に花園を舞っている

顔には満足に満ちた笑顔

僕が声を出す 名前を呼ぶ

でも音が出ない 精一杯叫んでみる

声が出ない いや 音がない

静寂というものではない

音そのものが存在しない


お日様も 水も 花も 草木も

こうしてあるのに 音だけがない

君と僕の間を隔てる 透き通った川

その流れにも 音がない

さらさらと 流れているはず

どうして聞こえないの

僕の声が どうして君に届かないの

僕は ここにいるのに


涙が 溢れて出て来て

悲しみに包まれていく

スポットライトのように君だけに

光はあたる 僕の周りは真っ暗


悲しくて 寂しくて

胸が詰りそうになった

足元の草原が涙が落ちるのと

同時に消え去った

ぽっかり 空いたその場所から

真っ青な空が見えている

そして僕は涙があふれる


次の瞬間に真っ青な空に向って

すごい勢いで落ちていく

落ちるというより吸い寄せられる

どこまでもどこまでもぐんぐん

ぐんぐん下へ 下へ どこまでも

落ちていく


落ちても 落ちても 大地がない

永遠に 落ち続けるのだろう

体がふわーっと軽くなる

その瞬間に目が覚めた

見たものは全て夢だった


だけど、流した涙だけは

枕を濡らすほどに流れていた

切ない程の悲しみだけが

僕の周りに残っている


濡れた涙の冷たさと共に

一人 部屋に残された

僕だけがそこにいる


刹那の春の夢

時間は無情にも

私を置き去り 行ってしまった

遠い彼方へ 君と共に
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ