POEM「春夏秋冬 思いのままに」
POEM「春夏秋冬 思いのままに」
成人向
発行者:たけぼんだぬき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:詩
シリーズ:短詩系冊子です。

公開開始日:2012/05/04
最終更新日:2014/12/30 14:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
POEM「春夏秋冬 思いのままに」 第4章 第4章 生き様 夏編
夏の向日葵 路傍に咲いて



向日葵 眩しい程の

光の中で 太陽に

その大きな顔を向けて

咲いている


眩しくないのかね

問いかけたくなる


日差しは 長く

太陽はいつまでも

青い空に居続ける


時折 空に 烏が舞う

夏の空は 飛び交うものも

少なくなって 寂しそうだ


ただ ぽっかり浮かぶ

白雲の 形が変わり

目を楽しませる


家々の 軒先に

居並ぶ ヨシズが

時折吹く 夏風に

揺れている


日差しの強い 昼下がり

人の歩く姿もない

夏草だけが じっと耐えて

大地に 這える


乾いた大地に 緑の絨毯

小川の水すら 少なくて

乾いた空気が 熱帯びて

焼けた顔を 通り過ぎる


夏・・・

海 恋しくて 空を見る


向日葵は 相も変わらず

太陽を 睨みつけて

そこに咲いていた

22
最初 前へ 19202122232425 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ