POEM「春夏秋冬 思いのままに」
POEM「春夏秋冬 思いのままに」
成人向
発行者:たけぼんだぬき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:詩
シリーズ:短詩系冊子です。

公開開始日:2012/05/04
最終更新日:2014/12/30 14:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
POEM「春夏秋冬 思いのままに」 第1章 生き様 春編
吹きすさぶ風の中で

流れる雲は たなびいて 空はグレーに 染めわたり

まあるく輝く 月さえも 空の色に 包まれて

大地に 生える草たちも 横になびいて 倒れそう


遠くに見える 光さえ ゆらゆら揺れて 消えさりそう

草原にいる 犬たちも 空を見上げて 吼えている

怯えて 震えて 悲しそう そこに佇む 人たちは

木の陰越しに 見上げてる


僕はといえば 見つめるだけ どうする事も

できゃしない わが身も 空に飛びそうな

踏ん張る足さえ 震えてる 悲しみの 中にいる僕は

声も出せずに 潜んでる


荒れ狂う風たちよ

何を求めて 荒れ狂う 心寂しき 故なのか

怒りに燃える 声なのか

どうにもならぬ この身のこと

焦りも消えて 空の上 求める思い

強けれど それさえ出来ぬ 虚しさよ


そびえるビルも 風の中 今にも崩れて いきそうに

生きる勇気も 消えうせて 今このときを 生きている

疲れ果てたる わが身さえ 置き場もなくて ここに立つ


風に揺られて倒れるか 体の弱さに倒れるか

倒れてわかる 弱身の 辛さもありしが 

悔しさが 先に我が身にしみ通る


進むか 死ぬかの選択を 天は我に求むるか

いずこにありて それを問う この場に下りて それを問え

引く場もなきて この身をば わが身持ち行け どこへでも


天の裁きに 身を任す 悔やむことなき 身なれば

1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ