梨乃
梨乃
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2012/04/28
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
梨乃 第2章 小津基之と
 ちゃちゃちゃちゃと、粘液のこすれる音と、小津の荒い呼吸が静まり返ったこの教室の中に響いていた。
 梨乃がふと見上げると、小津は目を閉じて軽く上を向いている。
 なんか、気持ちよさそう。こういうことされるのって、どんな感じなんだろう。自分には、こんなもの付いてないからさっぱり想像もつかない。別に欲しくもないけれど。でもたまに、一日だけ男の子と魂が入れ代われたらと思うことがある。または薬で変身でもいいけれど、もしそんな願いがかなうのならば、まずやってみることとしては一つしかないだろう。
 梨乃は、右手をゆるゆると動かし続け、左手にはだらりとぶらさがったしわしわの袋を包み込みながら、裏筋を根本から先まで舐めていった。
 先端の裂け目に舌を割り込ませるように舐めたかと思うと、本体を一気に根本まで口の中に入れていた。
 喉への異物感に嘔吐感が込み上げたが、なんとかこらえた。
 鼻先を小津の陰毛がさわさわとくすぐった。
 今度は反対に、小津の股間から逃げるように顔をゆっくりと遠ざけていった。
 まるで手品のように、梨乃の口の中から小津のものがどんどん姿をあらわし、太くピンク色のものが見えた瞬間、びいんと跳ね上がった。
 ぷるぷる震えるものを掴み、先端を改めて口に含み、舌を転がした。
 太くて顎が痛くなってきたため、また、手での刺激に切り替えた。
 その後、どれだけの時間、小津のものをしごき続けていただろうか。
 全体をゆっくりこすったり、ぬるぬるを使って先端部分だけをこすったり、そうこうしているうちに突然小津の息遣いがこれまでと比較にならないくらいに荒くなった。
「出る、もう出るっ!」
 小津は悲鳴にも似た声を上げた。
 達しようとしているのだ。
 梨乃は口で受けようと慌てて顔を近づけたが、間に合わなかった。
 小津の先端が、突如異様に大きく膨らんだかと思うと、末端の裂け目からびゅっ、と白濁とした液体が勢いよく吹き出し、梨乃の頬を打った。
 びゅるっびゅるっびゅるっと、小津のそれは荒馬のように跳ね上がりながら梨乃の顔面へと噴出を続けた。
 身体のどこにこんなものが蓄えられていたのか。それは凄い量であった。
 梨乃の顔は、まるでケーキ投げでもしたかのように、粘度を帯びた液体によって真っ白になっていた。
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ