梨乃
梨乃
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2012/04/28
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
梨乃 第2章 小津基之と
「ごめん」
 小津はびっくりしたように謝ると、梨乃の下着に手をかけた。
 軽く力を入れると、するすると一気に足元まで落ちた。
 その瞬間に、はらりとスカートが落ちてしまったため、大事な部分を見ることは出来なかった。
 梨乃は足元まで下がった下着から、片足づつ抜いた。
 そしてその場に腰を下ろして両膝をつくように座ると、小津のジャージのズボンに両手をかけ、下着ごと掴んでゆっくりと下ろしていった。
 わざと、小津の硬く上を向いたものが引っ掛かるように巻き込んで、下ろしていく。
 ちらり、と薄い陰毛が見えた。
 なおもゆっくり下ろし続けていくと、陰毛の奥に、股の付け根から伸びている茎の、根本部分一センチほどが見えた。
「なんか、太いのが、見えているよ」
 言葉により自らと小津とを興奮させながら、さらに少しずつ下ろしていく。
 小津の茎が、二センチ、三センチ、四センチ、とだんだんと姿を見せた。凄い力で下着を押し上げようとしている。
 七センチ、八センチ、
 と、下に押さえ付けていたものが、ズボンと下着による押さえをいきなり失って、びいんと凄い勢いで跳ね上がり、自身のお腹をぺちんと叩いた。
 いきなり目の前に飛び出してきたものに、梨乃は「うわ」と驚いいて声を上げた。
 股間から生えた長い棒状のものは、天を向いたまま、ぷるんぷるんと大きく激しく揺れた。
「小津君のおちんちん、見ちゃったあ」
 梨乃は間近から、熱い息を、そこへふうっとかけた。
 小津のそれが、びくんと跳ね上がった。
 梨乃にとってこんな形状になっている男性を見るのは、これが二人目であった。高木ミットのほうが少し長いようだが、その分というべきかどうなのかとにかく少し太いようであった。
 ただ先端のキノコみたいな膨らみ、亀頭はミットの方が大きい。
 全体的に綺麗な色をしている。
 他の部分の肌の色と、あまり違いがない。
 特に亀頭など、ピンク色であった。
「小津君て、童貞?」
 つい、直球で尋ねてしまった。
 小津はかちかちの表情をしながら、素直に頷いた。
5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ