梨乃
梨乃
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2012/04/28
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
梨乃 第2章 小津基之と
 忘れたい、だから……
 と、梨乃はいいわけの言葉を胸の中に唱え、そして背中を抱き締めていた右手をそのまま這わせて、下の方へ、そして前の方へと持っていった。
「お前、ちょっとそれやばいよ木村!」
 小津は驚いたようにそういったが、梨乃は動きをとめなかった。また、小津も抵抗しなかった。
 ジャージの股間部分に、そっと手が触れた。
 少しだけ、硬くなっていた。
 さわさわ、と撫でると、またゆっくりと手を動かし始め、ジャージの中、下着の中に滑り込ませた。
 今度は直接、その手に触れた。
「だからっ、お、お前、高木がいるんだろ!」
「もう、別れたから」
 梨乃は小津を見上げ、きっぱりといいきると、手のひらに触れていたものを、ぎゅっと握った。
 小津基之は、上を向いて恍惚とした表情を浮かべた。
 おそらく心臓の鼓動のリズムであろうか、それに合わせるように、梨乃の手の中のものが、むく、むく、と大きく硬くなってきた。
 あれがこんなふうに形を変えるなんて、何度見ても触っても不思議だと思っていたけれど、やっぱり男の子はみんなそうなのだな。と、当たり前のことに改めて感心していた。
 これまで、高木ミットのものしか知らなかったのだからしかたない。
 高校生だというのに父親のいるお風呂に平気で入ってしまうような梨乃であるが、まさか娘の目の前で父親が自分のものを変化させてみるはずもないし。たまに、なかなかこちらを向こうとしないときがあるから、もしかしたら見られないよう隠しているだけなのかも知れないけれど。
 小津基之が、我慢出来なくなったのか梨乃の身体を強く抱きしめてきた。
 すっかり呼吸が荒くなっている。
 その荒さに、梨乃の身体が無意識に反応していた。自分の身体の中央が、じゅわっと熱くなっているのを感じていた。そこに早く、手がたどり着いて欲しくてじれったかった。そしてじれったいと思うほどに、梨乃の身体は余計に反応してしまっていた。
 小津の手が、ゆっくりと梨乃の制服のスカートをめくった。
 白い、下着が見えた。
 後ろから、その下着の中に手を入れて、尻のほっぺをなで、そして揉んだ。
 そのまま手をゆっくりと滑らせて、腰をなで、そして正面へと回り込ませた。
 ぞくり、と梨乃の身体が震えた。
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ