僕と彼女のビート
僕と彼女のビート

発行者:美心(mishin)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/04/24
最終更新日:2012/09/16 23:29

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
僕と彼女のビート 第1章 僕たちの出会った日
僕たちは建物を抜けてすぐの2車線の太い道路に出て、道沿いをずっと歩いた。


時々くだらない話をしたり、しばらく黙ってみたりしながら。


むせかえるような昼間の熱気とはうって変わって、心地よい夜風が体をなぜていく。

マーシーは小さく震えて、僕の手を繋ぎなおした。


僕は今まで気づかなかったのだが、ふいにマーシーはこんな時間まで外を出歩いていていいのだろうか。と思い始めた。


でも家からはかなり離れた場所まできていたし、僕はマーシーが何か言い出すまで黙っていればいい、と考えた。



しばらく道なりに歩いていると、河を渡る大きな橋が現れた。
8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ