僕と彼女のビート
僕と彼女のビート

発行者:美心(mishin)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/04/24
最終更新日:2012/09/16 23:29

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
僕と彼女のビート 第5章 僕の喪失、彼女の心
僕が今生活にお金が足りているわけではないことを告げると、ジェニーは「今日は特別」と言って繁華街に僕をいざなった。

ジェニーが扉を開けたのは、背の高いビルの4階にある洒落たアメリカンダイナーだった。

この町に越してきてから、僕はいつものバーかライブハウスにしか行ったことがなかった。

16歳になったばかりの男にしては上出来な方か?

奥まった窓際の席について早速僕がタバコに火をつけると、ジェニーは言った。

「16歳には見えないわね、まるで一度人生を体験したみたいな雰囲気」


僕は何も言わず黙ってジェニーを見つめ返した。
57
最初 前へ 54555657585960 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ