僕と彼女のビート
僕と彼女のビート

発行者:美心(mishin)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/04/24
最終更新日:2012/09/16 23:29

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
僕と彼女のビート 第4章 彼女と僕の再会の日
結局僕たちは一週間近くアパートにいて、仕事に来ない僕を心配したジョージおじさんとマーシーの母親が玄関をやぶって入ってくるまでその生活をやめなかっただろう。


まずドアが開いて僕たちの姿を確認したマーシーの母親が悲痛な叫びをあげた。

「キヌコ!!」


ああ、マーシーのファーストネームは絹子というんだったか。


「お前たち、ずっとここにいたのか?何やってたんだ」

ジョージおじさんの呆れた声。


「何って、ジョンとヨーコの真似よ」

マーシーは軽やかに答えてみせた。

ブランケットの下で僕の手をしっかり握って震えていたけれど。


たしかに僕たちはベッドの上で、裸にブランケットにくるまって、さっきまでいろんな歌を歌ってた。

汚いベッドの上で乱れきったジョンとヨーコだった。

今思い出すと、少し笑える。
53
最初 前へ 50515253545556 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ