僕と彼女のビート
僕と彼女のビート

発行者:美心(mishin)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/04/24
最終更新日:2012/09/16 23:29

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
僕と彼女のビート 第4章 彼女と僕の再会の日
たしか、いつかのあの時もそうだったな。

二人して川沿いを歩いた日。

僕は引き返すことなんて考えなかった。

マーシーも僕とずっと一緒だった。



僕はこの数日間マーシーを何度抱いたか分からない。

朝が来ても夜が来ても、アパートのドアをノックする音が聞こえても、僕はマーシーとほとんど裸で抱き合っていた。


始めは痛みに耐えていたマーシーも、徐々に快感を得られるようになってきたみたいだった。

僕はマーシーにも時折酒を飲ませてみた。

マーシーはビールには口をつけなかったけれど、甘いジュースみたいなカクテルは平気で空けるようになった。
52
最初 前へ 49505152535455 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ