僕と彼女のビート
僕と彼女のビート

発行者:美心(mishin)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/04/24
最終更新日:2012/09/16 23:29

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
僕と彼女のビート 第4章 彼女と僕の再会の日
次の日の朝は雨が降っていた。


だから僕はマーシーを連れ回して外に出る気になれなくて、近くのスーパーマーケットにたくさんの食べ物と酒と煙草を買いに行っただけで、二人でずっとアパートの部屋にこもっていた。


僕はまたマーシーの体を求めた。


マーシーは痛がって小さく悲鳴をあげたけれど、僕がやめようとするといつも「やめないで」と言うんだ。


僕たちは一日中裸で過ごした。


マーシーは血を流しても涙を流しても、僕が一度果てるまでは身体を離そうとはせず、しばらく休んではまた抱き合った。


くちづけたり、お互いに体を触り合うのにも疲れたら、酒を飲んで少し眠って、目覚めたらまた抱き合う。


次の日も、その次の日も雨は止まなくて、僕は仕事に行くこともせずにマーシーを抱き、煙草を吸い、酒を飲むのを繰り返した。



マーシーも僕も何も言わなかった。
51
最初 前へ 48495051525354 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ