僕と彼女のビート
僕と彼女のビート

発行者:美心(mishin)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/04/24
最終更新日:2012/09/16 23:29

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
僕と彼女のビート 第4章 彼女と僕の再会の日
僕はマーシーを自分の部屋に案内した。


マーシーはあからさまに驚いて言葉をなくしていた。


なにしろ僕の部屋は、中学校時代のどの友達も想像がつかないと思われる程にひどいものだったから。


部屋の奥にはベッド、その上には穴のあいたブランケット。


中央には誰かが拾ってきた大きな灰皿にあきれるほどの吸い殻。


そしておびただしい量の酒の空きビン。


なんとか動くが、スピーカーが片方壊れてしまったレコードプレイヤーに、誰かが置いていったキンクスのレコード。

(ビートルズとディランのCDは持っているけれど、CDプレイヤーはないので聴くことができない)


あとは中学生のころに手に入れた新訳聖書。



アパート自体もずいぶん古いもんだから、なんだか部屋にある全てのものにカビ臭さを感じてしまう。


「ずいぶん古いアパートメントなのね。

…なんだか、君は今までと何もかも違うわ」

マーシーは部屋をざっと見渡すと、感想を言った。


「変わっちまったかな、いろいろ」


僕はマーシーの手を引いてベッドに座らせた。
46
最初 前へ 43444546474849 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ