僕と彼女のビート
僕と彼女のビート

発行者:美心(mishin)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/04/24
最終更新日:2012/09/16 23:29

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
僕と彼女のビート 第3章 新しい生活のなかで
……僕はその時ジェニーに言われた様に、どこか狂っていたのかもしれない。



でもマーシー、君もそうだ。



いつが始まりかと言われたら、僕たちが出会ったときからかもしれないし、それぞれ生まれたときから始まっていたのかもしれない。



とにかく聖書にも書いてあったよ。人は生まれながらにして不完全である、って。



それぞれ持っていた起爆剤に、火を着け合って僕たちは爆発して終わる。



それってどう思う?



もしも、もしも僕たちが不完全に生まれて不完全なまま死ぬって決まっていたとしたら



僕は何もかもぐちゃぐちゃにしたい。



その方が綺麗だと思わないかい?



最期の瞬間はきっと、ごく短かった幸せだったときのことを思い出しながら、少しだけ泣くんだ。






まぁいいや。



とりあえずマーシーと再会するまでに僕が体験したことをもう少しだけ。
40
最初 前へ 37383940414243 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ