僕と彼女のビート
僕と彼女のビート

発行者:美心(mishin)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/04/24
最終更新日:2012/09/16 23:29

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
僕と彼女のビート 第1章 僕たちの出会った日
僕達は夏には一緒に帰ることが多くなって、僕はマーシーに会うたびにお気に入りのビートルズやザ・フーやらボブディランなんかを聴かせた。

マーシーは中でもイエローサブマリンをひどく気に入った。

どこで見つけたのか、黄色い潜水艦マークのステッカーをカバンに貼り付けて学校にやってきたりした。

僕は口には出さなかったけど、マーシーがいたから僕はくだらないバスケット部だって学校のあらゆるめんどくさいことだって、ガマンして朝のスクールバスに乗れたんだ。
その頃は、ほんとに。


僕は休みの前の最後の授業のあった日の放課後に、マーシーを学校からできるだけ離れたカフェに誘いだし、そこで3時間粘ったあげく、ようやく思いを告白した。

マーシーは結局、ラクロス部に入部するのをやめて民族音楽研究部という訳のわからないクラブに入部していて、日に焼けていない真っ白な顔で、僕を見つめて笑った。


僕から見てそのときのマーシーは、本当に純粋で、何も知らない女の子だった。
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ