僕と彼女のビート
僕と彼女のビート

発行者:美心(mishin)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/04/24
最終更新日:2012/09/16 23:29

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
僕と彼女のビート 第2章 変化してゆく季節に
出発の日の朝、僕の街の小さな駅には僕たち以外誰もいなかった。

朝の5時だ。


父さんも母さんも見送りに来なかった。
毎日仕事で忙しくしてるからだ。




僕の荷物はとっくに新しい家、と言ってもせまいアパートの一室なのだがそこに送りつけてあった。

僕は小さなトランクを右手にぶら下げて、左手にマーシーの手を握ってホームに立っていた。

やがて列車がやってきて、僕とマーシーはそれに乗り込んだ。


マーシーがどうしても途中まで着いてくると言って聞かなかったからだ。


僕たちは二人がけの冷たくて硬いベンチに腰を下ろした。
23
最初 前へ 20212223242526 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ