僕と彼女のビート
僕と彼女のビート

発行者:美心(mishin)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/04/24
最終更新日:2012/09/16 23:29

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
僕と彼女のビート 第1章 僕たちの出会った日
彼女は小学生の頃からマーシーと呼ばれていた。

それは何でかと言ったら、名字が真島と言ったからだと思うけれど。

マーシーが僕のいる中学校に入学してきた時、僕は3年生になったばかりだった。

初めて口を聞いたのはたしか、僕の入っていたバスケットボール部のコートの隣で練習をしていた、できたばかりのラクロス部に彼女が見学に来たときだった。

初めて見たマーシーは髪が長くてとても長い手足をしていて、笑顔ではしゃいでいた。

僕の通っていた中学校にはマーシーよりも可愛い子はたくさんいた。
だけど、僕は自分から女の子に話しかけられるタイプじゃなかったんだ。

マーシーとはきっかけがあったから口を聞いて、お互いに存在を知るようになったって、初めはただそれだけだったんだけど。

2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ