僕と彼女のビート
僕と彼女のビート

発行者:美心(mishin)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/04/24
最終更新日:2012/09/16 23:29

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
僕と彼女のビート 第1章 僕たちの出会った日
僕はその日家に帰ってマーシーに電話をした。

吹奏楽の発表会が一段落ついたら、会う約束を取りつけた。


夏休みの前に二人で入った、学校から離れた場所にあるカフェだ。僕たちは何週間かぶりにちゃんと顔を合わせ口をきいた。



二人の会話は少しぎこちなかった。僕はいつもの他愛ない会話が好きだ。だけど、二人がいつもお互いをわかりあっているときの、もう何も打ち明ける必要がないくらいのときの、マーシーの突拍子もない思いつきについてとか僕が授業中に見た夢の話とかそういった会話が好きなのだ。


胸のうちに何かを詰まらせているときに、それをかき消すように繰り出す話題はとてもカスカスでつまらなく思えた。
17
最初 前へ 14151617181920 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ