僕と彼女のビート
僕と彼女のビート

発行者:美心(mishin)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/04/24
最終更新日:2012/09/16 23:29

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
僕と彼女のビート 第1章 僕たちの出会った日
ちょうど受験勉強まっただなかの3年生のクラスは、放課後も教室を使って授業が行われていたため、僕はHの字型になっている校舎の南側、1年生の教室がある方の空き教室を探しては入り込み、ギターをかき鳴らしていたのだった。


教室の窓をあけて窓枠に腰掛け、僕は北側校舎の窓をぼんやり眺めた。


クラスメートのほとんどが放課後の課外授業をとって、黙々と机に向かっている。

全員同じ方向を向いて、無機質なスチール机に同じ模擬テストの回答用紙を広げて。



こちら側の校舎では、廊下に走り回る一年生の叫び声が反響している。


マーシーの帰りを待つわけでもなく、僕はただ友達に借りた分厚いビートルズの楽譜を広げて、ろくに弾けないクラシックギターを拾ったピックでかきむしりながら歌った。
16
最初 前へ 13141516171819 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ