僕と彼女のビート
僕と彼女のビート

発行者:美心(mishin)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/04/24
最終更新日:2012/09/16 23:29

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
僕と彼女のビート 第1章 僕たちの出会った日
僕はすっかり眠りの中に落ちているマーシーの髪の毛をかきあげ、マーシーのくちびるを探しだして、くちづけてみた。


マーシーは起きなかった。




僕の心臓の鼓動はマーシーと刻んでいた拍を抜け出して、ひとり重い音を素早く響かせ始めた。





朝は長い長い時間のあとに、あっという間にやってきた。

僕の予想通りだ。





こうして夏休みも、残りの学校で過ごす日々も、あっという間に過ぎていくのだ。


どんなに、退屈で重苦しく永遠に続くと思われる日々でも、気づけばそれは不確かな過去のものに変わっていくのだ。


考えこみすぎる僕の頭の中を見たら、バスケット部の連中は笑うだろうな。


マーシーは僕の話を聞いてくれるだろう。
黙って話を聞いたあとは、なにか柔らかくて軽やかな言葉で返してくれるだろう。
14
最初 前へ 11121314151617 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ