僕と彼女のビート
僕と彼女のビート

発行者:美心(mishin)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/04/24
最終更新日:2012/09/16 23:29

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
僕と彼女のビート 第1章 僕たちの出会った日
僕はマーシーの頭にそっとくちびるをおしあててみた。


マーシーの汗の匂いがした。




それから、長いような短いような時の間、僕はうとうとしながらも時折吹き抜ける風に身震いして目覚め、また浅い眠りについては、目覚めてマーシーの寝息を聞いたりしていた。






起きている時間はとても長く感じられた。

意識の途切れている時間はどれくらいなのか分からない。

数分なのかもしれないし、もしかしたら数時間なのかもしれない。



今がどんなに長い時間に感じられても、絶対に終わりはやってくるのだ。

朝になってしまえば、マーシーとこうしている今は、過去になるのだ。

過去になってしまえばそれは、頭の中に入っている不確かな情報にしかならないのだ。



僕は非常階段の暗がりの中でそんなことを考えていた。
13
最初 前へ 10111213141516 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ