僕と彼女のビート
僕と彼女のビート

発行者:美心(mishin)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/04/24
最終更新日:2012/09/16 23:29

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
僕と彼女のビート 第1章 僕たちの出会った日
僕たちは今日これからどうするのかについて、全く話さなかった。

マーシーも僕も、この時間では寝るまでに家に帰りつけないことを分かっていた。




僕たちは夜風に当たらないで眠れる場所に移動することにした。


僕たちは繁華街の端に、小さな建物を見つけた。
各階に何店舗かが入っていて休憩スペースまでついているビルなのだが全く栄えている気配はない。

一階のカフェは閉まっていて、二階は誰にも使われている気配はなく、三階は一角にマッサージ店があり、ほとんどの灯りは既に消えていた。


僕たちは最上階まで上り、非常階段スペースに小さく丸くなって夜を明かすことにした。
11
最初 前へ 891011121314 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ