☆わんだらいふ(小説家編)
☆わんだらいふ(小説家編)
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:わんだらいふ

公開開始日:2012/04/26
最終更新日:2012/04/26 00:04

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆わんだらいふ(小説家編) 第12章 小説家志望の姉が登場・里美は巨乳や爆乳が大嫌いな貧乳で弟に厳しい
 3階、自分の部屋は3階。腰を抑えながら2階を通り越そうとしたら、待っていたとばかりにドアが開く。

 「待っていた康成。今から創作するよ」同じ姉でも里美は美香とは全てが対照的。貧乳だ、そして性格は厳しい。そんな本人は、将来小説家になるんだと意気込んでいる。

 腕組みをする里美。弟が腰を抑えているのを見てムカムカ。

 「ちょっとおいで康成、早く」

 とか言いながら自ら近寄る。腰痛の弟に近寄って両手を肩に当てた。康成はちょっとドキドキ。里美が何をするか、大体は見当が付く。今は腰が痛いから逃げられない。
22
最初 前へ 19202122232425 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ