☆わんだらいふ(小説家編)
☆わんだらいふ(小説家編)
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:わんだらいふ

公開開始日:2012/04/26
最終更新日:2012/04/26 00:04

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆わんだらいふ(小説家編) 第6章 こちらのお姉ちゃん・美香・とっても大爆乳な人
 階段に座っている弟を見下ろす姉の、まるで爆弾かと思うような白いスポーツブラのふくらみ。それがちょっと呼吸で揺れていて、谷間も計算しているかように見えて眼前。匂いまで一杯。

 手招きをする姉は家族みんなで使うはずだった部屋の一つをダンシンルームに改造していた。部屋の中は空間全体をマルチスクリーンにしており、天井から地面まで全て映像が。次世代の大型スクリーン。部屋の空間はドルビーステレオでチャンネルが100個。まるで大物アーティストがライブをやるようなステージまである。

 姉は大爆乳。そして大柄で太め。別に気にする事はないと弟は思っているのだが、本人は気にするからダイエットの運動だのブートキャンプを毎日仕事のようにやっている。そして成果は今だ不明。

 一人でやればいいだろうって話なのだが、踊る内容によってはパートナーがいるらしい。美香はそれを康成にさせる。他の家族は女ばかりで付き合ってもらえない。よって純情な弟にさせる。

 「あの……お姉ちゃんのその格好を見て踊れるわけがない……」

 康成は男子としてもっともな事を主張した。

 そんなスポーツブラ姿でユッサユッサと大きな胸が揺れ動く。それでは踊るの意味が違ってくるではないか。今すでに十分困っているのだから。
10
最初 前へ 78910111213 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ