女教師の淫らな性活
女教師の淫らな性活
成人向アフィリエイトOK
発行者:£ove
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/05/24
最終更新日:2012/10/15 15:42

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
女教師の淫らな性活 第3章 覗いていた者

性欲を満たした野村は
身なりを整え
先に図書室を出る

それに続くように
紗英も乱れた服装を名残惜しそうに整え
大きく深呼吸をし図書室を出た


(ぁぁ…凄かった…あの若い肉体で…まだアソコが熱い…)


そう心の中で呟きながら
ありえない一日を終え学校を後にした


翌日の朝…


昨日の事は何も無かったように出勤し
職員室の自分の席に着く

すると
それと同時に紗英の携帯のメール受信音が鳴る


(…?知らないアドレスだわ……え…ッ?)


紗英は そのメールの内容を読み息をのむ


【紗英先生。昨日の放課後、図書室で何をしていました?】


昨日の放課後…図書室…


そう…

生徒である野村と性欲のまま淫らな行為をした
あの図書室の事だ


(誰なの?このメール…)


辺りを見回す紗英


(きっと偶然よ…そう偶然よ…私が図書室に入るのを見て誰かがメールしてきただけよ)


そう自分に言い聞かせて
紗英は朝の職員会議に向かう

15分程度の簡単な会議を終え
授業の準備をしていると
また紗英の携帯にメールが届く


【紗英先生。図書室でのSEXは、どうでした?かなり乱れてましたね…相手は1-Bの野村。二人ともあんな場所で大胆ですね。】


その内容は明らかに
昨日の行為を覗かれていた事を表していた


(覗かれていた…まさか…)


携帯を机の引き出しに入れ
職員室を出る紗英

誰かに覗かれていたのは間違いない…

ただ主の解らぬメールに
紗英は まだ誰かに見られ続けているような気配を感じながら授業に向かった

9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ