弁当工場で働いてみた
弁当工場で働いてみた

発行者:田中
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2010/05/20
最終更新日:2010/09/14 23:12

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
弁当工場で働いてみた 第15章 蓋閉め蓋井
(オバДチャン)
「蓋井あんまりナナコちゃんのご飯とったら、
ナナコちゃん可哀相でしょ?」

と言って、
たまに蓋井の為に
ご飯を作ってくるおばちゃんとかもいました。


正直、この工場で働いてる間、
色々疲れてご飯が喉を通っていかなかったし、

別にご飯とられる事に対して、何とも思ってませんでした。


ちなみに、この工場で働いた3年間。
米が気持ち悪くて、
食べる事が出来ませんでしたw


蓋井の髪の毛は金髪。

そして、当時高校生だった私。

浜崎あゆみ全盛期って事もあり・・・・


私も金髪でしたw


蓋井と家庭環境も似ていれば、
髪の毛も似ていましたw
77
最初 前へ 74757677787980 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ