弁当工場で働いてみた
弁当工場で働いてみた

発行者:田中
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2010/05/20
最終更新日:2010/09/14 23:12

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
弁当工場で働いてみた 第22章 新派閥
BさんもEさんも辞め、
私と蓋井も一緒にご飯を食べなくなりました。


新人さんとして入ってきたパートさん達は、
いつもの如くリーダー達のいじめに耐えていました。

1年働き、それなりに流れを知っている私は、
特別リーダーに媚びる事もなく、
黙々と仕事をこなしていました。


新人さん達は
怒鳴るリーダーよりも、
怒鳴らない(怒鳴れない)ナナコ

に自然と仕事を聞いたりするようになり、
私も聞かれたら答えたりしていたので、

優しいパートさん達と段々仲良くなっていました。


口うるさいリーダーに
蓋井は加わっていきました。



私は、段々仲良くなった、
優しいパートさん達と

ご飯食べたり、
話をしたり

と仲良くなっていました。
110
最初 前へ 107108109110111112113 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ