わんだらいふ(楓Mix編)
わんだらいふ(楓Mix編)
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:わんだらいふ

公開開始日:2012/04/19
最終更新日:2012/04/18 22:01

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
わんだらいふ(楓Mix編) 第3章 今日も楓はホバーボードで大空を飛ぶ・軽いパンチラは仕方ないと割り切る主義
 上って案外と盲点。道行く人は真上を人が飛んでいるとは思わないから、声をかけて驚かせたくなる。だから楓は下界に向かってヤッホーとか言いたくなる。

 卵小学校まで約15分。歩いていけば30分。毎朝こうやって上から下界を見るのは一つの楽しみ。これは宝物。お金を一杯残して死んじゃったお父さんから小1の時にもらった誕生日プレゼント。以来ずっと飛んでるからお手の物。

 「みんな飛ぶようになったら空も渋滞か」って、マンガの台詞みたいな事をつぶやいて頭をかいた。今のつぶやきはいいかもって。

 今の一言はお姉ちゃんに上げよう。楓の姉は2人だが、そのうち1人は小説家を目指すとか言っている。時々はエロい小説も書く。常にアイデアやら表現を求めている人。あげよう、今の一言お姉ちゃんにあげよう。是非使ってもらいたいと思う妹。
8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ