わんだらいふ(楓Mix編)
わんだらいふ(楓Mix編)
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:わんだらいふ

公開開始日:2012/04/19
最終更新日:2012/04/18 22:01

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
わんだらいふ(楓Mix編) 第10章 脳田先生が楓にお誘い・「放課後音楽室に来なさい」
 「剛力さん、放課後になったら音楽室に来なさい」

 脳田先生が厳しい口調で言った。

 「はーい」と返事をする楓。この30点より上を取った事がないから、きっと思いっきり怒られるんだろうなって予測する。でも、怒られたって別に。やる気自体が0点だから構わない。

 そして放課後。音楽室にたどり着いた楓は、ドアを開けようとしたら鍵がかかって開けられない。

 「……まだ先生は来てないの?」

 遅いなって思いつつ素直に待った。どんどん時間は過ぎていく。そのうち夕方のカラスが声を出し始めるほどに。

 Bカップの胸のふくらみに、くっと組んだ両腕を当てて待つ。遅い、どうして先生は遅いのか。イライラするのを我慢。

 待つ事……どのくらいか分からないが、とにかく先生がやっと来た。鍵を開けて中に入ると、2人は向かい合って腰を下ろすのであった。厳しい顔つきの先生と、理科なんかどうでもいいよと思っている小4の女の子。
39
最初 前へ 36373839404142 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ