わんだらいふ(楓Mix編)
わんだらいふ(楓Mix編)
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:わんだらいふ

公開開始日:2012/04/19
最終更新日:2012/04/18 22:01

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
わんだらいふ(楓Mix編) 第4章 担任の脳田先生・表は良い先生
 「はい、では剛力さんの自由でいいと思う人」と先生が言うと、わずかに先より手の上がる数が増えた。それで楓の勝ち。民意は楓の自由を選んだ。民主主義の勝利を得た楓はニンマリした顔を委員長に向け勝ち誇り。

 「では、これで民意投票は終わり。座りなさい」

 先生は民意で決まったのだから、これで決まりなんですよと生徒に教える。投票とはそういうモノなんですとも付け加え。

 ニコニコと嬉しそうに席に座る楓と、悔しそうな顔の委員長。民主主義は自由の味方。

 1時間目の授業が始まると、しばらくして紙が回ってきた。小さく折りたたんだ手紙。楓がそれを開いて見てみたらこう書いてある。

 (お調子者、空から落ちてケガでもすればいいのに)

 それを見た楓は、頬杖しながら手紙をたたんで微笑み。一度得た勝利はもう変わらない。後で争う必要なし。勝者の余裕。
16
最初 前へ 13141516171819 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ