わんだらいふ(楓Mix編)
わんだらいふ(楓Mix編)
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:わんだらいふ

公開開始日:2012/04/19
最終更新日:2012/04/18 22:01

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
わんだらいふ(楓Mix編) 第3章 今日も楓はホバーボードで大空を飛ぶ・軽いパンチラは仕方ないと割り切る主義
 すると少し離れた場所にいた上級生の男子が数人、楓の方に声を飛ばした。格好いい! とか、いつもそれで登校しろよとか。そうしてくれると楓のパンツが見られるから声援するわけである。

 つられた楓が右手でピースを男子達にやって見せると、委員長はその手を叩いて止めなさいとお姉さんや先生みたいに叱る。彼女に言わせれば、女の子がお調子者になってはいけない。

 ここでチャイムが鳴ったので、助かったと楓はニッコリ。早く教室に戻ろうよと友達を促し背中を押す。心の中で戦争は終わったともつぶやく。

 楓の白いパンツは毎朝の光景。上級生、特に6年生になると白いパンツが見たいと思う割合は高い。毎朝少し早めに学校に来てはグランドで話をするフリをしながら空を見るのだった。そして白いパンツが見られたら、プチに得した気分をGET。
12
最初 前へ 9101112131415 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ