コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第7章 司祭
炊事場では、インカ族の護衛官や召使いたちが仕事の手を止めて唖然と見守る中、マルセラがいよいよコイユールに詰め寄りながら、最後の申し渡しをしているところだった。

「わかった?
今日から、アンドレス様は『アンドレス様』だからね!!」




「マルセラ、君もコイユールも、俺のことは呼び捨てでかまわないんだよ」

不意に背後からアンドレスの声がした。


コイユールとマルセラは、突然の本人の登場に、ギクッと身を硬める。


「アンドレス様っっ……!!」

マルセラはギョッと目を見張って、コイユールの背後に逃げ込んだ。
全く、普段の勇猛果敢なマルセラからは考えられない行動である。


「アンドレス…!」

コイユールも意表をつかれて、瞳を見開いた。
そして、ハッと口に手を当てて、(「アンドレス様」だったっけ…)と、マルセラの方に目配せした。

だが、今のマルセラは、コイユールに対応する余裕など全くなくしたまま、石像のように固まっている。



そんな二人に、あの懐かしい笑顔で、アンドレスは穏やかに言った。

「コイユールは今まで通りでいいし、マルセラも『アンドレス』でいいんだよ」


マルセラは顔を真っ赤にしてうつむいたまま、完全に言葉を失っている。


そんなマルセラの様子を見て、コイユールはやっと合点がいった。

マルセラはアンドレスに好意をもっているのかもしれない、多分、特別な感情を…。
それで、あんなにムキになっていたのだわ。




そんなマルセラの様子を急に微笑ましく感じながら、コイユールはやっと間近で出会えたアンドレスを見上げた。
数年前はほとんど変わらなかった背丈も、今はすっかり差がついている。

彼女の目から見ても、アンドレスはとても素敵に成長していた。


そしてまた、アンドレスも、いつのまにか女性らしくなっているコイユールを間近にして、一瞬、微かに視線をそらした。
84
最初 前へ 81828384858687 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ