コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第6章 同盟者
トゥパク・アマルは敏捷にアパサの右後方に走った。
それは、先ほど確認したトーラの林のある方向だった。


「逃げる気か!」

アパサが再びトゥパク・アマルめがけて斧を振り下ろす。
地面の岩が激しい音を立てて粉砕された。


トゥパク・アマルは再び俊敏に斧をかわし、トーラ林の方向へとさらに移動した。
アパサは繰り返しトゥパク・アマルめがけて鈍器を振り下ろす。

トゥパク・アマルは敢えて、ぎりぎりまでアパサの斧をひきつけた。
それ故、アパサの斧には必要以上に力が入り、空を切って、地面へのめりこんだ。



アパサの斧をかわしながら、トゥパク・アマルは敵の斧使いの特性を冷静に分析した。

斧は重い鈍器である。
斧は一撃の破壊力は大きいが、攻撃が遅いこと、及び、体力を消耗しやすいという欠点がある。
鈍器であるが故に凶悪なのだが、空振りの時間的ロスもかなり大きい。

アパサは片手で戦斧を振るうほどの怪力だった。
しかし、それ故、力に頼っていた。


速さと機動性の面では、トゥパク・アマルの方が勝っていた。


彼はアパサの攻撃を俊敏にかわし、消耗戦に出た。
だが、アパサの体力は並大抵ではなく、しかも、トゥパク・アマルほどでないにしろ、並外れたスピードももっていた。



野獣のごとく獰猛に挑みかかってくるにもにもかかわらず、アパサのその身のこなしは、華麗で美しくさえある。

さらに、アパサはその怪力ゆえ、斧の連打を軽々と行えた。
否、単なる怪力なのではない。

心身共に極限まで鍛え上げられているからこそ、成し得る技なのだ。




トゥパク・アマルはアパサの刃をかわしながらも、その男の腕に感服していた。

これだけの腕をもっている者は、そうはいまい。
この男が「猛将」と謳われるのは、誇張や偽りではないらしい。
66
最初 前へ 63646566676869 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ