コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第6章 同盟者
トゥパク・アマルは鋭利な面差しで、相手方の一団をざっと眺めた。
褐色の兵ばかり、いずれもインカ族と思われた。


先方もトゥパク・アマルの動きに、まんじりともせず、険しい視線を投げている。


自分のいかなる能動的な動きも、相手を刺激することになるだろう。

トゥパク・アマルはその身を動かさぬよう慎重に肩だけ動かし、オンダを地面に捨てた。
ゴトリと鈍い音がして、彼のオンダが地面に落ちる。

敵方のみならず、味方の護衛も息を呑んだ。



だが、確かに、その瞬間、場の空気が微かに緩んだ。


その機を逃さず、トゥパク・アマルは平常通りの口調で名乗りを上げる。

「わたしは、ペルー副王領ティンタ郡のカシーケ、トゥパク・アマルだ。
シカシカの集落へ商用で向かっている」


トゥパク・アマルが言い終わるか否かという間に、突如、彼の前に戦斧が投げこまれた。
それは、インカ族が武器として用いる、戦さ用の厳つい斧であった。



即座にビルカパサが身を翻し、斧が投げられてきた方角に向かって右手にオンダの石を掲げ、左手で紐の端を握り締めた。
いつでも振り切る姿勢である。

ビルカパサの眼が、鷲のように険しく光った。


「待て」

トゥパク・アマルはビルカパサを片手で制し、戦斧を投げた主の方向を鋭い視線で見据えた。


彼は警戒しつつも、冷静な頭で状況を分析する。

相手は戦斧で斬りかかってきたのではなく、投げてよこしてきたのだ。
その意味は?

恐らく、挑発か――。

少なくとも、即座に命を奪おうという意図ではないらしい。



トゥパク・アマルはビルカパサを制した手でさらに彼を横にどかせ、自分の正面を敵の前に開いた。
そして、身構えながらも慎重に身を屈め、戦斧を手に取った。


ズッシリとした重量感が手に伝わってくる。
63
最初 前へ 60616263646566 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ