コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第5章 胎動
トゥパク・アマルの父親のような年齢のその男は重側近の一人であるが、もし彼の父親が生きていれば――実際には、彼の両親は幼き日に他界していたが――このような人物であったかもしれぬと思わせるような、トゥパク・アマルに似た雰囲気をもっていた。


実際、ベルムデスは徳の深い智慧者で、トゥパク・アマルにとっては、父親のごとく、よき助言者でもあった。



そのベルムデスが、必死の面持ちで繰り返す。

「なりませぬぞ、決して!!
ブラス様やサンセリテス殿の時と同じことが起こるだけです。
この上、あなた様までいなくなられたら、この国の民はどうなりましょうぞ」


その様子から、ディエゴは、トゥパク・アマルが自らのスペイン行きを言い出したのだろう、とすぐさま察した。


「トゥパク・アマル様……!
絶対に、なりませぬ!!」

鬼気迫るベルムデスの形相は、ほとんど睨みつけんばかりの気迫を放っている。



やがて、トゥパク・アマルは目を閉じたまま、低い声で答えた。

「ベルムデス殿、そして、皆の者よ、少し一人で考えさせてほしい。
また近いうちに会合を開こう」


そして、うつむき加減のままスッと立ち上がり、部屋の出口へと向かう。

皆が、トゥパク・アマルの後ろ姿を呆然と見やった。



そのような背後の気配を察してか、戸口でトゥパク・アマルは足を止め、静かに振り向いた。

うつむき加減だったその顔をゆっくりと上げる。
その目は意外なほどに静寂で、包み込むような眼差しだった。


「案ずるな。
必ず、道はある」

そう言って、微かに笑う。
そして、部屋を後にした。



ディエゴは、自らも深く心に傷を受けていたが、しかしながら、トゥパク・アマルのことがいっそう強く案じられた。

急ぎ後を追うが、既にトゥパク・アマルは馬にまたがり、屋敷から門の外に走り出ていったところだった。
ディエゴはその後ろ姿を見送るしかなかった。


空はいっそう雲が厚くなり、今にも雨が落ちてきそうだ。




屋敷を出たトゥパク・アマルは、あてもなく、ただひたすら馬を駆った。

いつしか空からは大粒の雨が落ちてきた。


雨が、トゥパク・アマルの全身を激しく打ちはじめる。
54
最初 前へ 51525354555657 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ