コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第4章 皇帝の末裔
「コイユールは両親を鉱山のミタ(強制労働)で、たった6歳の時に亡くしているんです」

アンドレスは大勢の厳めしい大人たちを前にしても、全く物怖じしない堂々とした口調で言った。


「ご両親は、どちらの鉱山に行かされたのだね?」

ひょろりとした細面の繊細そうな、というか、やや神経質そうな面持ちをした別の男が、コイユールに尋ねる。
その男も、アンドレスと同様、インカ族とスペイン人との混血のようだった。

「ポトシの鉱山だと聞きました」

緊張の混ざった震える声ながらも、コイユールは何とか答えることができた。



再び、男たちは深い溜息にも似た声を漏らす。

「標高5000メートルもの高所に坑道が掘られ、火口は赤黒く燃え…あの鉱山での労働は、まるで地獄絵さながらだ。
無期限の過酷な労働、虐待、食べ物もろくに与えられない…!」


アンドレスの叔父は巨人のような拳を握り締め、テーブルをダンッと激しく叩いた。

「畜生め…!」

大男が唸る。


それぞれの男たちの表情にも、強い憤りの色が滲んだ。



「今、ちょうど、ポトシの鉱山の話をしていたところなのだよ」

神殿で見たのと同じ、あの中央に座した人物が、コイユールに視線を向けて言う。

「ご両親のことは、本当に辛かっただろうね」

その目は憤りよりも、むしろ深い悲しみを湛えている。

コイユールは言葉も出ず、小さく頷いた。


他の男たちも頷き、そして、書類を広げて何かの相談に移っていった。




「サンセリテス殿は、殺されたらしい」

先ほどコイユールに両親のことを尋ねた、やや神経質そうな混血の男が小声で言った。

「フランシスコ殿、それは、やはり本当だったのですか?!」

アンドレスの叔父、ディエゴが目を血走らせる。


「フランシスコ殿の言う通り、サンセリテス殿は亡くなられた。
スペイン人たちは隠しているが、毒殺されたらしい。
恐らく、スペイン人たちに暗殺されたのだろう」

初老の紳士が、唸るよう答える。



一同は、また固唾を呑んだ。


またか――という、失望と重々しい空気が流れた。
39
最初 前へ 36373839404142 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ