コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第17章 苦杯
(そういえば、昨夜もトゥパク・アマル様の手術の前に見かけたっけ…)

アンドレスは、思いに耽ったような目になる。


トゥパク・アマル様の手術は成功したようだった。

コイユールは、手術の手伝いのために呼ばれていたのだろう。

手術前に見かけた時、とても真剣な目をしていたっけ…。


上空を見上げたまま、とはいえ、そんなふうに思い巡らせ始めた彼の目には、もはや空の色は映ってはいなかった。

心の中に占められた思いだけに、今、全神経が収束されていく。

それは、全く、この反乱とは無関係なことばかりだったのだが。



止められぬ思いとなって、これまで無理矢理に抑え込んできたものが、箍がはずれて溢れ出したかのように彼を呑み込んでいく。


(昨晩のトゥパク・アマル様の手術の手伝いって、どんなことをしたんだろう…)

コイユールのことだから、きっと、あの自然療法をやったのに相違ない。


アンドレスの手が無意識のうちに、己の額を押さえ込む。

彼はそのまま、瞼をギュッと閉じた。


(それでは、トゥパク・アマル様の傷口のあたりに手を当てていたのだろうか。
トゥパク・アマル様の腕に、コイユールが触れていたっていうことか――!)


突然、アンドレスの心が、ズキン、と痛んだ。


え、何だ…?!――と、本人自身も、己の心の動きと反応に戸惑い、困惑した念に憑かれた。

治療の手伝いのためなのだから、相手の腕に触れるなんて、あまりにも当然のことではないかと、アンドレスの理性は懸命に己の心を説得しようとする。


(だけど…!!)

今度は足元の緑の草に目を落とした。


考えてみれば、コイユールと知り合ってもう10年以上も経つし、もともとは母上の治療を通じて知り合って、幼い頃からコイユールの施術のことをずっと見てきたのに…俺自身が、やってもらったことって、たったの一度も無かったのではないか?


「そうだよな…それって、どういうことなんだ」

思わず、一人、呟いた。
347
最初 前へ 344345346347348349350 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ