コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第17章 苦杯
従軍医が、何を言い出すのかとばかり、驚いた表情になって慌ててコイユールを制しかける。

が、トゥパク・アマルはそんな従軍医に、構わない、と目で合図を送ると、「そうか。では、そなたも、わたしと同じティンタ郡の出身なのだね」と、変わらぬ静かな声で応えた。


「はい。
私は、トゥパク・アマル様が御領主様をされていたトゥンガスカの村で、農民の一人として生まれ育ちました。
トゥパク・アマル様、私、あの神殿が大好きで、幼い頃から、よく一人で訪れていたのです。

スペインに侵略されてからは、もう誰もいない神殿ですけれど、あそこに行くと、何か不思議に懐かしいような、心が呼び覚まされるような気持ちになれて…。
特に、夕陽に輝く神殿を見るのが、とても好きでした」


「そうか。
確かに、夕暮れ時のあの神殿は、実に美しい」

トゥパク・アマルも、かの神殿の光景を思い描くように、どこか眩しそうな、懐かしそうな、遠くを見る目になった。


「はい。
それで、私、毎年、雪解けの季節になると、誰よりも早く、一番乗りで、あの神殿まで山を登っていたんです。
ずっと、幼い頃から…。

でも、確か、あれは私が12歳になった年の春、あの年はトゥパク・アマル様の方が私よりも早かった。

いえ、もしかしたら、お会いできていなかっただけで、毎年、トゥパク・アマル様の方が、私よりも早く訪れていらしたのかもしれません」



何を言いたいのか、ともかくも、まるで何かに憑かれたような懸命な瞳の色をして、それでいて、懐かしく思い馳せるように夢中で話すコイユールに、トゥパク・アマルは無言のまま、ゆっくり頷いた。


従軍医がハラハラしながら見守る中、コイユールはトゥパク・アマルの寝台の脇にしっかり膝をついたまま動こうとしない。



コイユールは息を継ぐと、身を乗り出しながら、再び話しだした。

その必死の瞳に、今、清らかな光が宿り始める。
331
最初 前へ 328329330331332333334 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ