コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第17章 苦杯
コイユールはひどい驚愕と共に、己の叫び声に耳を貫かれ、カッ、と目を見開いた。


そこは治療の行われていた天幕の中だった。

コイユールの手はしっかりトゥパク・アマルの腕に添えられてはいたが――というよりも、トゥパク・アマルの腕を掴み、爪が食い込むほどに指は硬直し、激しく力が入っていた。

彼女の額からは滝のように汗が流れ落ち、大きく肩を上下させるほどに息が上がっている。

暫し己自身でも何か起こったのか分からず、愕然と目を見開いたまま、焦点も定まらぬ瞳で宙を見据えた。

心臓が張り裂けぬばかりに、激しく鳴り響いている。



手術が終わり、丁度コイユールに声をかけようとしていた従軍医は、彼女のただならぬ様子に目を見張った。

そしてまた、トゥパク・アマルも既に目を開き、尋常ではない様子のコイユールを見た。


己に注がれる二人の視線に、コイユールは自分が声を上げてしまったのだと悟った。

彼女は、いっそう蒼白になって、はじかれたようにトゥパク・アマルの腕から己の両手をはずした。


トゥパク・アマルの腕には、彼女が思わず握り締めてしまった爪跡が残っている。

「ああ…申し訳ありません!!」

コイユールはさらに真っ青になって、その場に平伏した。


「コイユール、一体、どうしたのだ?」

従軍医の驚きと戸惑いの混ざった声に、コイユールは平伏したまま、あとずさる。

そして、己が声まで上げてしまったことを激しく悔やんだ。


(…今のは何?!…――予知夢?!

何にしても、あのような不吉なものを見てしまったなんて、このような大変な時に、トゥパク・アマル様に言えるはずがない…!!

なのに…それを悟られるようなこと…あってはならないのに…私は…!!)

コイユールは頭に血が上るのを覚えながら、僅かに頭を上げ、探るようにトゥパク・アマルの方にサッと視線を走らせた。


トゥパク・アマルの表情は相変わらず沈着そのものではあったが、何があったのだ、という目でこちらを見やっている。

コイユールの横顔を冷や汗が流れた。
328
最初 前へ 325326327328329330331 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ