コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第17章 苦杯
クスコを逃れた山間部に張られたインカ軍の本営は、はじめての大いなる敗退に暗澹たる色を滲ませながら、夜闇の中に、灰色の影のようなその姿をボウッと浮き上がらせていた。


さらに、トゥパク・アマル及び側近たちの天幕の張られた界隈は、いつになく騒然とした雰囲気に包まれていた。

トゥパク・アマルが左肩から腕にかけて負った傷は、予想以上に重症だったのだ。


彼は意識こそ何とか保っていたものの、褐色の敵将フィゲロアの刀によって深く斬り込まれたその傷の痛みに、さすがに顔を歪めていた。

それでも、ひどく心配そうに見守る側近たちに、いつものように「大丈夫だ、案ずるな」と言って笑みを返そうとする。

しかし、その様子が今日はいっそう痛々しく周囲には映った。



すぐにビルカパサを治療したのと同じ、あの従軍医が呼ばれ、治療に当たった。

有能なこのベテランの医師も、その傷の深さにかなり深刻な目になっている。

常軌を逸する激烈な痛みがあるのに相違なく、にもかかわらず、トゥパク・アマルに意識が保たれていることに、従軍医は密かに驚愕したほどだった。


「様子はどうであろうか?」と、まるで自分が重症を負っているかのように苦渋の表情を浮かべたディエゴが、喰い入るように医師に問う。

従軍医は恭しく礼を払いながら、深刻な口調で答えた。

「傷は相当深く、決して楽観できる状態ではありません。
すぐに手術をしなければなりません。
傷口を縫い合わせねば」

「手術…!!」

側近たちは、改めて固唾を呑んだ。


トゥパク・アマルも、微かに目を見開く。

従軍医は、寝台に横たわるトゥパク・アマルの顔の傍に、手術の合意を伺うように深く跪いた。

「トゥパク・アマル様…」

従軍医の真剣な眼差しに、トゥパク・アマルは頷き返す。

「世話をかける」
320
最初 前へ 317318319320321322323 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ