コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第15章 使者
今、トゥパク・アマルの指揮の元、ついに侵略者たちをこのクスコ奪還目前まで追い詰めた。

その事の重大性が、改めてアンドレスの胸に突き上げる。


彼は、強くサーベルの柄を握り締めたまま、眼下の聖都クスコを見下ろした。

明朝の開戦に備え、緊張感を滲ませながらも、まるで海底のように静かな佇まいを見せている街並みの所々には、小さな灯りがひっそり点っているのが見える。


民家の窓辺を彩るその小さな灯りを見つめる彼の心に、いたたまれぬ思いが込み上げる。

恐らく、インカ族の人々が住まう家なのであろう。

あの窓辺で眠れぬ夜を過ごしている人々は、一体、どのような心境でいることだろうか。

モスコーソの厳しい監視のもと、インカ軍に参戦することもかなわず、街を出ることさえ差し止められ、じっと息を潜めて、明日、インカの聖都が火と血で染まるそのさまを見せつけられるのを待つばかりか――!!


アンドレスは、サーベルに添えていた指に一気に力を込めて、すらりと、それを鞘から抜き放った。

己の眼前に、今一度、鋼色の重厚な刃物をがっちりと持ち上げる。

巨大な流星の光を反射して、瞬間、刃に鋭い閃光が走った。


アンドレスは、そのままサーベルを天空指して翳し上げた。

そして、南十字星に向けて誓詞を立てるがごとく、そのサーべルを高々と掲げ上げる。


「やるしかない…」

呻くように呟く。

「チャカナよ…そなたが示す真の秩序を取り戻すために、やるしかない…やるしかないんだ……!!」


悲痛な眼差しに、しかし、もはや決意を固めた横顔で、彼は真っ直ぐにサーベルを見上げた。

天空に掲げたその刃物は、南十字星の瞬く傍らで、蒼く燃え上がる「気」を纏い、まるで生き物のように脈動を始めていた。
301
最初 前へ 298299300301302303304 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ