コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第15章 使者
トゥパク・アマルの書状を手にしたまま、「うむ…」と、さすがのモスコーソ司祭もそれらしい厳かな眼差しになり、暫し考え深げな表情をする。

マルセラは跪いたまま、モスコーソの出方に、密かに身構えて待つ。


身を乗り出すようにしている戦時委員会の面々には目もくれず、モスコーソはマルセラに視線を向けた。

「おまえたちの長は、それなりに礼を知る人間のようじゃ。
しかしながら、所詮、我らは相容れぬ運命にある。
このクスコを明け渡すなど、考えられぬこと」


太く響くしわがれた声でそう言ってから、モスコーソは、再び非常に険しい眼に戻ってマルセラを睥睨しながら続けた。

「あの謀反人、トゥパク・アマルに伝えよ。

このクスコをむざむざ明け渡すことなど、できようはずがあるまいと!
このクスコを堅守するためには、もはや火をもってしてもやむを得ぬ。

それが嫌ならば、お前の方が降伏しろ、とな!!
お前の思い上がりは、必ず、目に物見る時が来るであろう、と!!」




次第に自ら興奮し、声を荒げて、ありありと憎悪の感情を剥き出しにし始めた司祭の形相に気圧されつつも、マルセラは「恐れながら…!」と、身を乗り出す。
292
最初 前へ 289290291292293294295 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ