コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第15章 使者
なお、繰り返し申し上げますが、わたしの意図は、単に強制配給(レパルト)、強制移住労働(ミタ)、その他すべての人民を脅かす悪税などの言語道断な習慣や悪政を破棄することにあることを保証いたします。

すべての事が終息した暁には、わたしはテーベの地(註:隠遁の地)へと引きこもり、神の御慈悲を請う所存であります。


陛下の重要なる御生命の長からんことを、わが最大の熱意をこめて、神に祈りつつ。

ホセ・ガブリエル・トゥパク・アマル』



戦時委員会の名士たちが固唾を呑んで見守る中、モスコーソは、読み進むうちに次第に司祭らしい落ち着いた眼差しを取り戻したその目で、じっと書面を反芻し続けている。

トゥパク・アマルはその書状の中で、あれほど己を謀反人呼ばわりし、キリスト教からの破門の憂き目にさえ追いやったこのモスコーソ司祭に、至上の礼を払っていた。




あるいは、それもトゥパク・アマルの計略であったのかもしれぬが、しかし、そこには嫌味な気配は欠片も無く、真摯な誠意に溢れている。

その文面は、むしろ、トゥパク・アマルの真意を込めた、真実の言葉であったのではあるまいか。

彼はあくまでも、常に真正面から己を開き、毅然と、そして、堂々と真っ直ぐに、自らの方向性を指し示して見せたのだった。


確かに、その書状は、クスコのスペイン人に、暗黙に降伏を迫る内容ではあった。

だが、トゥパク・アマルは、この一連の反乱によって暴政を正した後には隠遁することを、ここに司祭の前ではっきりと誓言しており、この反乱が、決して己をインカ皇帝に返り咲かせる為のものではないことを明確に謳っていた。
291
最初 前へ 288289290291292293294 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ