コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第15章 使者
いきなり手を握られる形となって、マルセラは驚愕した顔でロレンソを見上げた。

警戒から、やや険しくなった彼女の眼差しに、それでもロレンソは真剣な表情で、しっかりと相手の目を見つめ返している。

そのロレンソの瞳の色に、マルセラの眼差しも険しさを和らげる。

そして、全く自分の意志に反して、押し込めていたはずの不安な感情を滲ませてしまう。


マルセラの素直になった目の色に、ロレンソは幾度も瞳で頷いた。

それから、そっと彼女の指から己の両手を離しながら、真摯な声音で言う。

「マルセラ殿、必ず戻ってくるのです。
そなたが戻るまで、わたしはずっとここで待っているから。

そして、もしそなたが戻らねば、必ず救い出しに参るから。
たとえ、わたし一人でも」


何を言われているのか状況についていけぬまま、放心したようにロレンソを見上げるマルセラだったが、何故だろうか、彼の言葉とその声を聞いていると、不思議と気持ちが落ち着いてくるのだった。

「ありがとう…ロレンソ殿」

マルセラは、ギュッと手の中の石を握り締めた。


「それでは!!」

意を決した横顔に戻ると、彼女は愛馬の踵を返し、今度こそ本当にクスコ指して駆り出した。


勢いよく砂塵を上げながら去りゆくマルセラの後ろ姿が城門の陰に隠れて見えなくなっても、ロレンソとその一団は、彼女を守護するように、クスコの方角を見守り続けた。
287
最初 前へ 284285286287288289290 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ