コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第15章 使者
え?…――不意にアンドレスの名が出て、コイユールはまだ涙の滲むその目を瞬かせる。

それから、インカ軍に加わったコイユールに全く声もかけてこないアンドレスのことを、以前、「冷たい」とマルセラが言ったことを思い出した。

なぜマルセラが前言撤回したのかはコイユールには分からなかったが、きっとアンドレスとマルセラの間で、彼女の心を溶かす何かがあったのだろうと察することができた。


コイユールは、優しい眼差しで頷いた。



彼女の脳裏にアンドレスの面影がよぎり、再びせつない感情が動く。


「アンドレス」――その名が出るだけで、せつなげに瞳を揺らすコイユールの姿に幾度か触れる中で、今や、マルセラも、コイユールの中にあるアンドレスへの特別な感情を十分に悟っていた。

そんな友の気持ちを察するように、マルセラは心を込めた声で続ける。


「もうずっと前だけど…、コイユール、あんたが義勇兵に加わったことを伝えた時、アンドレス様は本当に嬉しそうにしていたんだよ」

コイユールの目が見開かれる様子に、マルセラは微笑み、しっかりと頷いた。

「だから信じていいと思う。
アンドレス様は、あんたのこと、きっと今も大事に思っているに違いないよ」


「マルセラ……!」

胸が詰まって言葉を続けられずにいるコイユールに、「よおし!何だか、元気出てきたよ!」と、マルセラは明るく笑った。

「じゃ、朝になったら、しっかり祈っといてよね!!」

しなやかな右手を上げて颯爽と踵を返すと、マルセラは、インカ軍幹部の天幕がある方向へと戻って行った。
283
最初 前へ 280281282283284285286 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ