コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第15章 使者
マルセラは予測だにせぬ事態の展開に驚愕しながら、ビルカパサの顔色の変化にすっかり慌てて、ともかくも二人の間に入ろうとする。

「アンドレス様、おやめください!!
叔父様、しっかりして!!」

ビルカパサを締め上げるアンドレスの手は固く、マルセラの力では、とてもほどけない。




そこへ走って割って入ってきたのは、アンドレスの朋友、あのロレンソだった。

「アンドレス、何をしている!!
落ち着け!!」


ロレンソはアンドレスの手に己の手を添えると、常の冷静な手つきで、ビルカパサを締め上げている友の指を素早くほどいた。

本当に息の止まっていたビルカパサが、その場にむせながら跪く。


ロレンソは、険しい形相のまま興奮のために肩で息を荒げているアンドレスを見据え、諭すように言う。

「アンドレス、ビルカパサ殿を殺す気か?!」


そして、まだ目を血走らせている友の顔を、正面から真っ直ぐ見つめた。

「アンドレス、そなたなら分かるはずだ。
ビルカパサ殿とて、本心はどれほどご心配されていることか」


ロレンソの言葉に、アンドレスの瞳は、再び大きく揺れ始める。


「アンドレス、案ずるな。
マルセラ殿は、わたしがお守りする」

その言葉に、ビルカパサは深く頭を下げた。


アンドレスも、苦しげな眼差しで、改めて朋友を見上げる。

友の瞳にロレンソは凛々しく微笑み、「案ずるな」と力強く頷き返した。
280
最初 前へ 277278279280281282283 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ