コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第15章 使者
それから、トゥパク・アマルは視線を動かし、大人びた鋭利な横顔に驚きと深く案じる念を色濃く滲ませているもう一人の凛々しい若者、ロレンソの方を見た。

「ロレンソ殿、そなたの精兵と共に、クスコの門前までマルセラを護衛してはくれまいか」


トゥパク・アマルの言葉に、ロレンソは深く頭を下げた。

「畏まりましてございます!」

力強く答えて見上げたロレンソの瞳に、トゥパク・アマルは、頼んだぞ、と強く頷き返す。


「出立は、明朝。
それまでに書状を用意いたそう」

そのトゥパク・アマルの言葉で、深夜の会合はひとまず散会となった。






天幕の外では、星々が、夏の星座を描きながら刻一刻と動きゆく。
足元からは、夏の虫の声がする。

トゥパク・アマルの天幕を去るビルカパサとマルセラを、アンドレスがすかさず追った。

「マルセラ!!」


血相を変えているアンドレスを振り返るマルセラの表情は、もはや、ゆるぎない決意の色である。

ビルカパサも、相変わらず冷静な面差しでアンドレスを見る。


対するアンドレスは、強張った表情で、マルセラに詰め寄った。

「マルセラ、これがどれほど危険なことか分かっているのか?!

モスコーソ司祭は、キリスト教に何の危害も加えていないトゥパク・アマル様を破門にまでしたお方だ。
俺たちインカに対する憎悪の塊のようなお方だ!

そんな司祭の前に、マルセラ、君、一人が行くなんて!!
それが、どんなに危険なことか、分かっているのか?!

こんな無謀なこと、俺は認めない!!
考え直すんだ、マルセラ…俺からトゥパク・アマル様にもう一度話をするから、だから…!!」
277
最初 前へ 274275276277278279280 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ