コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第15章 使者
側近一同も、そして、アンドレスやロレンソも、健気にも勇敢なマルセラの姿に心打たれながらも、思わず息を呑んでいる。


トゥパク・アマルは、その静謐な輪郭の目元に深遠な光を宿し、暫しの間、まんじりともせずマルセラを見つめた。

そして、ついに、ゆっくりと頷く。

「分かった。
それでは、マルセラ、わたしの使者として、そなたをクスコに遣わそう」


トゥパク・アマルの言葉に、マルセラもビルカパサも深々と礼を払う。

その場にいた者たちも、二人の方に深い礼を送った。

だが、アンドレスとロレンソの表情には、むしろ驚愕と激しく案ずる色がいっそう濃厚に浮かび上がる。


そしてまた、表面には出さぬトゥパク・アマルの瞳の奥にも、微かに揺れるものがある。

彼は静かな声で続けた。

「そなたには、クスコで最も権力を持つモスコーソ司祭の元に行ってもらう。
しかし、モスコーソ殿は一筋縄ではいかぬお方だ」

そう語りながら、脳裏にあの司祭の姿を思い描くようにして、トゥパク・アマルは難しい表情になる。


「マルセラ、そなたは、わたしの書状をモスコーソ司祭に渡すだけでよい。
それ以上、決して、無理をしてはならぬ。
そなたが生きて戻ること、そのことを第一と心得よ」

そう言って、「分かったね」と、さらに強く念を押すようにマルセラをじっと見た。


「トゥパク・アマル様……!」

己の身を真に案ずるトゥパク・アマルの思いが伝わり、マルセラの胸はぐっと熱くなった。

「――分かりました」

そう答えながらも、このお方のためであれば、この命、本当に惜しくは無い!!――そのような気持ちが激しく込み上げる。
276
最初 前へ 273274275276277278279 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ