コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第15章 使者
トゥパク・アマルもまた、驚きを隠せぬ表情で、ビルカパサを、そして、マルセラを交互に見ながら、言葉を呑んでいる。


そのようなトゥパク・アマルに改めて礼を払い、ビルカパサが毅然とした口調で言う。

「さすがのモスコーソ殿も、公衆の注目する中、女人に危害を加えることはありますまい。

マルセラには、インカ貴族としての作法も授けてきております。
トゥパク・アマル様の使者として、決して不足無きよう振舞うこともできましょう」


トゥパク・アマルは、しかし…――といった色を滲ませながら、ビルカパサからゆっくりとマルセラに視線を動かす。

マルセラは、トゥパク・アマルの視線を受けていっそう姿勢を正し、さらに恭しく礼を払った。


「マルセラ、そなたの勇気、深くこの身に染みたぞ」

トゥパク・アマルの誠意溢れる声音に、ハッと顔を上げたマルセラの瞳の中で、トゥパク・アマルは優しい面持ちで頷いた。

「とはいえ、この任務は非常な危険を伴う。
クスコは今や恐慌状態にあり、皆、ひどく気が立っておろう。

そのような中、使者とて、わたしの代理の者であれば、クスコの面々は憎悪の念から理性を失い、何をしてくるか分からぬのだ」


その深く案じ、真摯さに満ちたトゥパク・アマルの言葉と眼差しを受け、マルセラの心に感極まるものが湧き起こる。



「トゥパク・アマル様!!
そのように敵方の気が立っている時だからこそ、厳(いかめ)しい殿方が出向かれるよりも、女の私が行った方がよいのだと存じます。

私とて、かつてのインカの聖都を血で染めたくはないのです。
この命、トゥパク・アマル様のために、そして、インカのために役立つのであれば、決して惜しくはありません!!」

そう言って、そのビルカパサ似の凛々しくも澄み切った瞳で、トゥパク・アマルを貫くように見つめた。
275
最初 前へ 272273274275276277278 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ