コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第15章 使者
トゥパク・アマルの天幕では、彼を中心に円陣を描くようにして、側近たちが先刻の体勢のまま座っていたが、先ほどの面々に加え、そこには先刻は見られなかった一人の若いインカ族の青年の姿があった。

その若者は、アンドレスの神学校時代からの朋友、かのロレンソであった。

ロレンソはトゥパク・アマルの前に恭しく跪き、「どうぞ私にクスコへの使者としての任をお授けください」と、申し出ているところであった。

そう言ってから、決意を宿した力強い眼差しで、トゥパク・アマルを決然と見上げる。


その傍では、アンドレスが非常に強く案ずる色を滲ませた顔をして、極めて危険な任務を申し出た友を制しに、それこそ今にも飛び出さんばかりの勢いで身を乗り出していた。

トゥパク・アマルは、アンドレスと同年齢の、その勇敢な面前の若者に篤く包み込むような視線を送りながらも、やはり考え深げに目を細める。



そこへ「畏れながら」と、ビルカパサが、トゥパク・アマルとロレンソの後ろに跪いた。

マルセラも、ビルカパサの少し後方に恭しく跪く。


「トゥパク・アマル様、ロレンソ殿、横からの申し出、誠に失礼をご容赦ください」

ビルカパサはそう深く礼を払った後、「何卒、その使者としての役目、このマルセラにお授けください」と、申し出た。

マルセラも深く礼を払い、それから、「どうぞ、そのお役目、この私にお任せください!」と、ゆるぎない決意の瞳でトゥパク・アマルを真っ直ぐ見上げた。


側近一同も、ロレンソも、皆、驚いたようにそちらを振り返る。

なお、この時まで、マルセラとロレンソの間には全く面識は無かったため、同年代の若者がアンドレス以外にも身近にいたことに、互いの目はいっそう惹きつけられたはずである。


一方、アンドレスは「マルセラ!」と小さく叫ぶと、いけない!そのような危険なことは!!――と、思わず言葉に出そうになる。
274
最初 前へ 271272273274275276277 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ